2010年04月28日

初めてのコラボ?

機材のセッティングに行ったら「もう要らないので」とナカミチのカセットデッキ(発売時価格23万円相当)を貰ってしまって内心小躍りしているmidunoです、こんばんは。

さて話は変わりますがmixiでお知り合いになった橋本さんとのコラボレーション楽譜(波音CD付き)が発売されました。

弾くレイキ/ピアノレイキ ~浄化を促すデトックス

弾くレイキ/ピアノレイキ ~浄化を促すデトックス

  • 作者: 橋本 翔太
  • 出版社/メーカー: ドリームミュージックファクトリー
  • 発売日: 2010/04/19
  • メディア: 楽譜



これは私としても珍しいケースですが、私が出店しているSEストアの音源について次のような問い合わせがありました。
「今度出版する楽譜の付録音源として波の音だけ入ったCDを作りたいのですが・・」という問い合わせです。
過去に「お店のBGMとしてCDに焼いて流したいのですがOKですか?」という問い合わせをされた方もいらっしゃいましてその時はOKを出しました。今回の場合は製品そのものとして発売されるので「ループやエフェクト等の加工をして下さい」とお伝えしました(でないと元音源の忠実なコピーが出回ってしまいますので・・)。
橋本さんとは直接の面識はなかったのですがメールで処理済みの音源を試聴させて頂きつつ出来上がったのが今回の楽譜(波音CD付き)です。
こういう感じのコラボレーションは私としても初めてでどういう物が出来上がっているか楽しみでもあります。
とりあえずAmazonでの評判は良いみたいでひとまずは安心(?)しています。
posted by miduno at 01:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

Pioneer T-D7 シングルカセットデッキ

遂に念願のカセットデッキを入手。
「え、今更カセットデッキを?」と思われる方も多い事でしょう。
確かに今日カセットテープで音楽を聴いている人はかなり少数派と思います。
しかし昔録音した想い出のテープは聴かないと分かっていてもなかなか捨てられない物ではないでしょうか?
そんな時とても役立つのがこのカセットデッキです。

Pioneer T-D7 シングルカセットデッキ

Pioneer T-D7 シングルカセットデッキ

  • 出版社/メーカー: パイオニア
  • メディア: エレクトロニクス



実はこのデッキ、デジタルノイズリダクションなる機能が付いていましてアナログテープのヒスノイズを綺麗に消してくれるんです。
一般的なノイズリダクション(ドルビーNR)と併用すると何と「ダイナミックレンジが90dB以上」とCD並み。
テープからノイズレスな状態で音を取り込んでCDにするなんて事に非常に向いているデッキな訳です。

昔カセットデンスケを借りて録音した音源を取り込んでみようと思っています。
・・でもテープってやっぱり捨てられないだろうなぁ(笑)
posted by miduno at 02:41| Comment(2) | オーディオ | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

琉球海炎祭 2010 〜日本で一番早い夏の大花火〜

・・・気がついたときには既に終わっていた花火大会。いや、知っていても行けなかった訳ですが(笑)

琉球海炎祭 2010 〜日本で一番早い夏の大花火〜



ひゃっほ〜う!

【追記】


今年もマッキーさん大活躍のご様子で!
posted by miduno at 05:25| Comment(0) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

チュラマナの美らマナ


↑事務所の社長さん作の動画(・・・動画?)

2nd Album 楽園の虹から 美ら(ちゅら)マナ
posted by miduno at 21:32| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

音楽の正体 #9 旋律とオブリガート

以前(と言ってももう1年半前!?)JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた、という話というエントリーでhanabishiさんに紹介して頂いた「音楽の正体」という番組がふと気になったので何とか観られないものかと捜していたらYouTubeで発見してしまいました。



これは第9回の放送。オブリガートの例として私の好きなWaveがとり上げられていました。
流石はセルメン。オブリの入れ方が絶妙ですね・・と言いたかったところですが同じ箇所のオブリって原曲にもあったような(半音ずつ降りてくるところとか)?・・ま、いっか。

音楽の正体

音楽の正体

  • 作者: 渡辺 健一
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア
  • 発売日: 1995/07
  • メディア: 単行本


posted by miduno at 22:09| Comment(0) | 音楽理論の話 | 更新情報をチェックする