2013年06月02日

理屈が間違っているような気がする件について。

「スピーカーを大きくすれば低音が出るというのは、見た目だけの迷信です。(中略)その証拠にヘッドホンの小さなユニットでも低音域が再生されるでしょ?」

小口径ユニットで低音が出ないのはユニットが低周波振動した時に空気が横に逃げて振動エネルギーが伝わらないからです。その証拠にヘッドフォンの場合は「空気が逃げないから」小さなユニットでも低音域が再生されるんですけどね。

由井さんって不思議な人だなぁ。理屈が間違っていてもスピーカー作れるのか…

http://www.corezo.org/home/corezorecipient/2012/5yoshiihiroyuki
posted by miduno at 18:01| Comment(0) | オーディオ | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

タイムドメイン社から「TIMEDOMAIN11」発売のお知らせが。

Yoshii9聴いた時に思い切り気柱共鳴の音がしててマジビビった思い出。以来TimeDomainは全く信用していない。
これ形からして共鳴管そのものだよなぁ。特定周波数だけ強調したり打ち消したりするよねぇ。

http://www.timedomain.co.jp/product/timedomain11.html
posted by miduno at 15:23| Comment(0) | オーディオ | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

フルート四重奏によるジョビン作品集?

フルート四重奏による「メディテーション」。ジョビンの曲って感触がクラシックに近いと思うのでこういうアンサンブルで聴くのもアリな気がする。



あ、いかんいかん。この曲はニュートン・メンドーサとの共作だったな。

「ワン・ノート・サンバ」
これもニュートンとの共作だな。8割がたニュートンが作ったという説もあるそうで。



「デサフィナード」
これも共作だな…。結局ニュートンがすごいんじゃないか?

posted by miduno at 22:09| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

「ミキシング入門」高浪 初郎 (著)

かつてこの本でミックスの勉強をしました。
確か三味線のミキシングについてのくだりだったと思うけれど「三味線は元々残響の少ない日本家屋を想定したミックスが好ましい。あまりリバーブは掛けない」的な事が書いてあって「なるほどな〜」と思ったものだけれど実際のミックスの現場ではリバーブ掛けまくりで「え〜!?」と驚いた事がある。
サスティンの短い三味線は長めのリバーブ掛けないとオケに入れた時に何やってるか分からないっていうのもあるかな?まぁ人によってミックスはかように違うものかと思ったわけです。

ミキシング入門 [単行本] / 高浪 初郎 (著); 立風書房 (刊)
posted by miduno at 19:21| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

Slate Digital FG-X

Slate Digital | FG-Xが安くなってるなぁ。買ってしまおうかしらん。

M.I.D. | 取扱製品 | SLATE DIGITAL | FG-X
posted by miduno at 11:34| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする