2007年07月18日

これってば色聴?

僕は昔からコード(和音)に色を感じるのだけどこれって所謂「色聴」ってやつだろうか?
調べてみると色聴の人は絶対音感を持ってる人が九割程なのだそうな。
ちなみに一般的に色聴の人が感じるはずの単音では全く色を感じません。絶対音感が無いのだから当たり前と言えば当たり前か。

僕の感じる色の傾向を言うと
・7(#9)th系のコードが赤色、m7(9)th系のコードが淡い水色に感じる。
・m7(♭5)が藍色、6th系がオレンジ色。
・半音でぶつかっているコードに金属的な色彩を感じる(=眩しい)。
・テンション系でない普通のメジャーとかマイナーコードにはあまり色を感じない(=白色?)。

その弊害としてテンションコードやディスコードが出てこない曲に色彩を感じないので、結果的に印象に残らないという事もしばしばです(「Bメロの3小節目」と言われるより「♭9のところ」と言われた方が良く分かる)。
そんな有様ですから音楽の好みにも直結していて色彩感を強く感じる曲が大好きなのです。

ここまで読んだけれど何の事やらさっぱりの人、ごめんなさい。・・ってか分かる人いたりします?

続きを読む
posted by miduno at 00:00| Comment(0) | 音楽理論の話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。