2010年04月11日

琉球海炎祭 2010 〜日本で一番早い夏の大花火〜

・・・気がついたときには既に終わっていた花火大会。いや、知っていても行けなかった訳ですが(笑)

琉球海炎祭 2010 〜日本で一番早い夏の大花火〜



ひゃっほ〜う!

【追記】


今年もマッキーさん大活躍のご様子で!
posted by miduno at 05:25| Comment(0) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

末代の恥?

選抜高校野球 試合を全く見ていなかったのですが、21世紀出場枠で出場した向陽に1−2で敗れた開星の監督が「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言した事が問題になっている(?)ようなのですが、この発言てそんなに問題なのですかね?

毎日の記事によりますと
センバツ:開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言

開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が、試合後のインタビューで「21世紀枠に負けて末代の恥です」などと発言した。日本高校野球連盟は「事実確認をしたい」としており、発言の趣旨などを確かめる。
 野々村監督は「恥ずかしくて立ち上がれません」とも述べた。


一方産経は
【センバツ】開星監督「負けたこと恥ずかしい」「腹を切りたい」

開星(島根)の野々村直通監督(58)が試合後、「負けたことが恥ずかしい。許されないことだ」「腹を切りたい」などと発言した。

 試合は九回、1点差まで追い上げたものの、開星は1−2で敗れた。お立ち台に上った野々村監督はしばらく沈黙の後、「もう野球やめたいし、死にたいですね。こんな恥をかくことは二度としたくない。腹切りたい」などと言った。

 また、地元テレビ局の取材に対しても「野球の話はもう、したくない」などと話した、という。


・・何か毎日の記事と産経の記事では受ける印象が全く違うんですが?
毎日は監督が対戦相手をバカにしているような書き方ですが、産経は監督が責任を感じすぎて取り乱しているように感じられます。
同じ事象を報道するにしても書き方次第でこんなに印象が変わる訳です。この場合どっちの記事が中立的なのかは分かりませんが、わざとミスリーディングを誘うような記事を書いているのだとしたらそれは如何なものかとは思います。
posted by miduno at 01:49| Comment(2) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

人気ドラマー・ファンキー末吉がJASRACに激怒!(日刊サイゾー)

「ヤクザのみかじめと同じ」人気ドラマー・ファンキー末吉がJASRACに激怒! (日刊サイゾー)

以下記事から引用

彼が経営する音楽バー「Live Bar X.Y.Z.→A」に社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)から「著作者の財産を守るため、著作権料を払いなさい」と著作権料の支払いを求める手紙が届き、ファンキーはJASRACの不可解な料金徴収法に激怒。「これではヤクザのみかじめと同じである。ちゃんと著作権者に分配しろよ!!」と憤り、弁護士にも相談し、JASRACと数カ月にも渡る交渉を行っている。

 ファンキーは自身のブログで次のようにその真相を明かした。

「JASRACから郵送された書類を開けてみると、楽曲リストのひな形なんて陰も形も見えず、ただ『何平米の店舗で月に何時間演奏しているお店は月々いくら払いなさい』という表とその申告書があるだけである。こいつらは数十年もこうやって店から著作権料という名目で莫大な金額を徴収して来たのか?!! これではその店がどんな曲を何回かけたか演奏したか、何よりもそのお金がどの著作権者に支払われるものなのかがわかるはずがない。つまり、これでは絶対に著作権者に還元されるはずがない!!」


以上引用終わり

これは僕も不思議に思っていたことです。一括りに括ってしまえば計算とか手続きとかは楽でしょう。
僕がかつて勤めていた放送局でも同じような仕組みでした。
3ヶ月に1日だけサンプル採集日があり、その日一日に使った全ての曲(ジングル使用、BGM使用含む)を提出するのです。
つまりサンプリングは1年あたり4日だけ。そりゃ毎日報告していたら放送業務どころでは無くなってしまうとは思いますが、それってあまりにもどんぶり勘定過ぎやしませんか?
昔なら兎も角同じ曲が3ヶ月も掛かり続けるとは到底思えません。
で、JASRACの中の人はこの件に関して何て答えるんでしょうか?動向が気になります。
posted by miduno at 22:28| Comment(0) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

GIホースの悲しい現実…、食肉として売られていた過去も【Sports Watch】

【Sports Watch】GIホースの悲しい現実…、食肉として売られていた過去も

この記事を見て疑問に思うのは「食肉として売られた事が悲劇的」みたいな感じで書かれている点なのですが、それって悲劇的ですか?
薬殺された方が楽に死ねる、ということなのでしょうか?であれば綺麗事じみた理屈ですね。
「クジラは人間と友達だから捕って食べてはいけない」って言ってる人たちと何も違わないような気がします。

ちなみにうちの実家は肉屋ですので昔は鶏を屠殺していたりしました。
ある時この事を人に話したら「可哀想〜」などと言われてしまいました。
・・あなたベジタリアンでしたっけ??

食べることで弔っている事を忘れてはいけません。
posted by miduno at 23:25| Comment(0) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

性別の境目は曖昧なんだってば。

ニュースネタから。

世界陸上女子800m金のセメンヤ選手は両性具有=豪紙報道 (jiji.com)

webとかでユーザー登録とかをする時に性別欄で男女を選ばせることが良くあるのですが、前々から疑問だったんです。「これ本当に必要なの?ってか中間の人どうするの?」と。
このニュースの書かれ方も詳しくないのでアレなんですが恐らく両性具有というよりは男性ホルモンの受容体がないので男性化しなかった症状(アンドロゲン不応症)ではないかと思います。
この場合本人の性自認が女性だと思われますし体内の精巣はガン化するリスクがあるので手術する事になるんでしょうね・・。
posted by miduno at 02:40| Comment(0) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。