2013年10月19日

人によって聴いているポイントが違う件

エンジニアの仕事を始めて間もない頃、他のエンジニアの都合がつかず私がアコースティックギターのダビングを担当する事になりました。
とりあえずギタリストの前にマイクを立ててみてスピーカーから音を出してみたんですがどうもサウンドホールの音を多く拾っているらしく低音がボンついていました。
するとその場にいたアレンジャーが「今日はギターのパート沢山録るから時間無いんだよねー。さっさとEQで低音カットしちゃってよ。」と言うので立場的に弱い(と思われた)私は言われるままにマイクプリに付いてたEQで低音を切ったんですね。
そうやってしばらく進めていたんですがある時ギタリストが「なんか低音少なくない?」と言い始めた訳です。
私が「低音多めだったんでEQで切ってます」 と答えるとギタリストは「そういう時はEQじゃなくてマイキングで調整しなよ。じゃないと勉強にならないでしょ。」と言うんですね。
するとアレンジャーまでが「そうですよね。何やってるの水野君。」と言い始める始末。
私は「は???」という感じで混乱しましたが(取り敢えず)謝っていました。

また別の時の話。クラシックギターをダビングするというのでちょっと中高域にピークがあるマイクを使ってみました。
そうしたらギタリストにもアレンジャーにも「今日の音いいねー!」と褒めてもらえてちょっと嬉しかったんですが後日アレンジャーに聞いたところによるとミックスするエンジニアが「低音がさっぱり無くってミックスしづらかった」そうでした。

聴いているポイントは人によって全然違うようです。
posted by miduno at 01:33| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

川崎大師まで行ってきた。

子供の診察のついでに川崎大師まで。



以前から録りたいと思っていたトントコ飴切りの音。



風鈴市は余計なBGMが無ければいいのに…


ついでに踏切の音も。
posted by miduno at 22:42| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

「ミキシング入門」高浪 初郎 (著)

かつてこの本でミックスの勉強をしました。
確か三味線のミキシングについてのくだりだったと思うけれど「三味線は元々残響の少ない日本家屋を想定したミックスが好ましい。あまりリバーブは掛けない」的な事が書いてあって「なるほどな〜」と思ったものだけれど実際のミックスの現場ではリバーブ掛けまくりで「え〜!?」と驚いた事がある。
サスティンの短い三味線は長めのリバーブ掛けないとオケに入れた時に何やってるか分からないっていうのもあるかな?まぁ人によってミックスはかように違うものかと思ったわけです。

ミキシング入門 [単行本] / 高浪 初郎 (著); 立風書房 (刊)
posted by miduno at 19:21| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

Slate Digital FG-X

Slate Digital | FG-Xが安くなってるなぁ。買ってしまおうかしらん。

M.I.D. | 取扱製品 | SLATE DIGITAL | FG-X
posted by miduno at 11:34| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

基準レベルの調整方法。

いつも基準レベルの調整の仕方が分からなくなるmidunoです。ブログではお久しぶりです、こんにちは。
さて自分が分からなくなるので調整方法をメモしておきます。

録音機器の入力レベルと出力レベルを合わせる順番。

まずオーディオインターフェイスの出力を調整するためにオシレーター信号(0dB)を出します。
出力電圧を測ります。0dBFS=0.775V
基準レベルに合わせてオシレーター信号を下げます。例えば-16dBFSとか。
その状態でオーディオインターフェイスの入力にオシレーター信号を入れてピークメーターが-16dBを示せばOK。
-18dBFSで調整する場合は-18dBFBで出した信号が-18dBFSで入力されていればOK。

こんな感じですかね?
posted by miduno at 17:06| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする