2017年07月15日

大成功を呼ぶ「最強の開運神社」 (神域音と祝詞のCD付録70分! カードつき)

7月15日発売の『大成功を呼ぶ「最強の開運神社」 (神域音と祝詞のCD付録70分! カードつき)』に神域音の収録で参加しました。

大成功を呼ぶ「最強の開運神社」 (神域音と祝詞のCD付録70分! カードつき) -
大成功を呼ぶ「最強の開運神社」 (神域音と祝詞のCD付録70分! カードつき) -
posted by miduno at 16:31| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

anan SPECIAL ふわっと瞑想でハッピーを引き寄せる!

6月19日発売の「anan SPECIAL ふわっと瞑想でハッピーを引き寄せる!」の瞑想誘導音声(プレゼント音源)としてクレジットが載っています。

anan SPECIAL ふわっと瞑想でハッピーを引き寄せる! -
anan SPECIAL ふわっと瞑想でハッピーを引き寄せる! -
posted by miduno at 00:00| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

sound-scape Vol.2

レコーディング・エンジニアのmidunoがお送りする音の風景【sound-scape】の第2弾。
メインレコーダーとしてKORG MR-1000を用い5.6MHzでのDSD録音及び24bit 96kHzでの編集・マスタリングを行っています(※)。

(※)一部、Edirol R-4で24bit 96kHz収録したものが含まれています。今回は過去に録音しマスタリング、配信していたものを新たにハイレゾ配信用のリマスタリングを行いました。

sound-scape_vol2_1000sq.jpg

sound-scape Vol.2


posted by miduno at 00:00| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

ゆほびかGOLD vol.30

マキノ出版さんからのご依頼で2月上旬に松江市の美保神社で環境音を収録してきたのですが、その音源が大開運CD(!)として付録になっています「ゆほびかGOLD vol.30」が発売になりました。

ゆほびかGOLD vol.30 幸せなお金持ちになる本 (マキノ出版ムック) -
ゆほびかGOLD vol.30 幸せなお金持ちになる本 (マキノ出版ムック) -

えびす様の総本宮「美保神社」大開運CD_03.jpg

えびす様の総本宮「美保神社」大開運CD_04.jpg

【各トラックの解説】
#1 美保関漁港【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
手前の漁船が出発しそうで出発しませんでした。

#2 美保神社:青石畳通り〜手水舎〜拝殿へ【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
ダミーヘッドマイクというよりはリアルヘッドな訳ですが耳にマイクを取り付けて歩きながら収録しました。

#3 美保神社:朝御饌祭(使用マイク:RODE NT-4、使用レコーダー:KORG MR-1000)

#4 美保神社:本殿の空【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
上空を飛行機が通過していきます。空港が近いため日中はかなりの頻度で通過していました。

#5 美保神社:箒(使用レコーダー:ZOOM H4)

#6 美保神社:神門〜拝殿脇〜若宮社へ【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)

#7 雨の美保関灯台と船【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
灯台に到着したタイミングでみぞれが降り始めました。周りの音を忠実に録るために傘は差さずに収録しました。

#8 笹子の海(使用マイク:RODE NT-4、使用レコーダー:Edirol R-4)
風が絶え間なく吹いていましたので砂浜の段差を利用して風を避けました。

#9 才浦(使用マイク:audio-technica ATM-822、使用レコーダー:Edirol R-4)
こちらも風が強かったのでより感度の低いマイクを使いました。

#10 諸喰の沢【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
山頂から少し下った所の沢で収録しました。注意していなければ見逃しそうな場所でした。

#11 美保神社:夕御饌祭【バイノーラル録音】(使用マイク:adphox BME-200、使用レコーダー:SONY MZ-RH1)
posted by miduno at 15:03| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

人によって聴いているポイントが違う件

エンジニアの仕事を始めて間もない頃、他のエンジニアの都合がつかず私がアコースティックギターのダビングを担当する事になりました。
とりあえずギタリストの前にマイクを立ててみてスピーカーから音を出してみたんですがどうもサウンドホールの音を多く拾っているらしく低音がボンついていました。
するとその場にいたアレンジャーが「今日はギターのパート沢山録るから時間無いんだよねー。さっさとEQで低音カットしちゃってよ。」と言うので立場的に弱い(と思われた)私は言われるままにマイクプリに付いてたEQで低音を切ったんですね。
そうやってしばらく進めていたんですがある時ギタリストが「なんか低音少なくない?」と言い始めた訳です。
私が「低音多めだったんでEQで切ってます」 と答えるとギタリストは「そういう時はEQじゃなくてマイキングで調整しなよ。じゃないと勉強にならないでしょ。」と言うんですね。
するとアレンジャーまでが「そうですよね。何やってるの水野君。」と言い始める始末。
私は「は???」という感じで混乱しましたが(取り敢えず)謝っていました。

また別の時の話。クラシックギターをダビングするというのでちょっと中高域にピークがあるマイクを使ってみました。
そうしたらギタリストにもアレンジャーにも「今日の音いいねー!」と褒めてもらえてちょっと嬉しかったんですが後日アレンジャーに聞いたところによるとミックスするエンジニアが「低音がさっぱり無くってミックスしづらかった」そうでした。

聴いているポイントは人によって全然違うようです。
posted by miduno at 01:33| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする