2008年02月25日

録音機材のつなぎ方(出力レベルの話)

録音に不慣れな人が陥りやすいトラブルの多くは「音響機材からどの出力が出ているか分かっていない事」が原因のような気がします。
例えば、
・「マイク」をレコーダーの「ライン入力」に繋いだら、録れた音が異常に小さかった。
・「ライン出力」をレコーダーの「マイク入力」に繋いだら、録れた音が割れていた。
・「業務機のミキサー」の出力を「民生機のレコーダー」で録ったら、音が割れていた。
等々です。

機材によって出力レベルが違うので、そこだけ注意すればほとんどの問題は解決するはずです。

[出力レベルの違いについて]
・マイク出力は物によって違いますが大体-60dB〜-50dBくらいです。
・民生機のライン出力は-20dB〜-10dBくらい。
・業務機のライン出力だと+4dBです。

「マイク入力」は音声信号を約50dB増幅させるための入力端子ですから「ライン出力(-10dB)」を繋げば、出てくる信号は「+40dB」となり割れてしまいます。
また「マイク出力(-60dB)」を「ライン入力(-10dB)」へ繋ぐと、出てくる信号は「-70dB」となりほとんど聞こえません。

「マイク出力」は「マイク入力(Mic In)」へ、「ライン出力」は「ライン入力(Line In)」へ繋ぎましょう。「マイクに直接繋がっているケーブルの出力以外」は「ライン出力」だと思ってほぼ間違いないでしょう。

[入力端子の形状について]
・民生機のマイク入力は「TS(2極)フォーンジャック」、または「ステレオミニジャック(縁が赤色)」が多いです。
・民生機のライン入力は「RCA(ピン)ジャック」、または「ステレオミニジャック(縁が黒色)」の場合が多いです。また「マイク入力とライン入力が兼用」になっていて、「スイッチで切り替えるタイプ」もあります。
・業務機のマイク入力はほとんどの場合「XLR(キャノン)メス端子」です。
・業務機のライン入力は「TRS(3極)フォーンジャック」、または「XLRメス端子」でスイッチによる切り替えの場合もあります。

端子の形状の違いにも注意しましょう。


補足
ライン出力とマイク入力 (2010/02/27)
posted by miduno at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。六浦と申します。Google検索で貴記事を拝見いたしました。どうしても、ライン出力をマイク入力に入れたい必要があるのですが、そのための装置、減衰器のようなものは、製品として存在しますでしょうか? お時間がありましたら、ご返事をお願いいたします。よろしくお願いいたします。
Posted by 六浦光一 at 2011年08月05日 09:46
補足のページを拝見しましたら、製品案内が載っていました。情報、ありがとうございました。助かります。
Posted by 六浦光一 at 2011年08月05日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック