2012年03月16日

基準レベルの調整方法。

いつも基準レベルの調整の仕方が分からなくなるmidunoです。ブログではお久しぶりです、こんにちは。
さて自分が分からなくなるので調整方法をメモしておきます。

録音機器の入力レベルと出力レベルを合わせる順番。

まずオーディオインターフェイスの出力を調整するためにオシレーター信号(0dB)を出します。
出力電圧を測ります。0dBFS=0.775V
基準レベルに合わせてオシレーター信号を下げます。例えば-16dBFSとか。
その状態でオーディオインターフェイスの入力にオシレーター信号を入れてピークメーターが-16dBを示せばOK。
-18dBFSで調整する場合は-18dBFBで出した信号が-18dBFSで入力されていればOK。

こんな感じですかね?
posted by miduno at 17:06| Comment(0) | レコーディング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。