2010年02月26日

「赤とんぼ」のアクセントは変?

フィギュア・スケートの「金妍兒(キム・ヨナ)」さんの読み方が各局揃って平板アクセントなのが気になるmidunoです、こんにちは。

さてアクセント絡みでこんな話を。
三木露風作詩、山田耕筰作曲の「赤とんぼ」という名曲がありますがこの曲、日本語のアクセントに拘った曲作りで有名な耕筰さんにしては珍しく(?)標準アクセントと異なった付曲がなされています。
例えば、
♪夕や〜け 小やけ〜の〜「かとんぼ」〜 とか
♪十五〜で「ねえや」〜は〜「め」に行き〜
といった具合。

かつて作曲家の團伊玖磨さんが耕作さんに「『赤とんぼ』のアクセントが間違っているのでは・・・?」と指摘した事があったらしいです。
すると耕作さんはこう答えたのだそうです。
「江戸の下町では昔から『かとんぼ』と言っているから間違いではない」と。
耕作さんの話は嘘ではなく実際に江戸弁で「赤とんぼ」は「かとんぼ」というアクセントだったそうです。

ならばなぜ他の場所もアクセントが違ったりするのでしょうか?1番のアクセントに沿ってずれているから??・・謎です。
posted by miduno at 16:52| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。