2010年01月22日

この記事へのコメント
大学でよもや学生指揮者をやるとは思ってなかったので、
高校時代にもっと揉まれておけば、と思ったものです。
松江北や安積女子(現:安積黎明)出身の先輩・後輩もいて、
全国レベルとの差を実感し、いい刺激になりました。
うちの大学の合唱団の常任指揮者も高嶋先生と親交があり、
彼に負けないくらいの熱血指導で有名で、
大声で怒鳴られたり、練習不足に業を煮やし練習放棄されたり、、
とかなりシゴかれました。(ん?これはシゴキか?)
とはいっても、淀工の彼らのように毎日ではなく、
プロの指揮者なので年に数回だけですけどね。
しかし彼の指揮で音楽が魔法のように一変するのは不思議です。
発売されてるCDでは「方舟」は良いんですが
「ティオの夜の旅」は練習時間がなく崩壊気味です。。
Posted by saturi at 2010年01月22日 12:35
>saturiさん
おー松江北や安積女子ですか!私達の母校もかつては負けず劣らずのレベルであったと記憶していますが・・やっぱり違うものなんですね。

さてティオが崩壊気味というのはコチラ↓のCDでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/dp/B0009OAW3W
オススメとあらば是非購入したいと思っています。

追伸
さきほどググっていてsaturiさんの挙式と思しき写真を見つけてしまいました。色白で綺麗な奥さんじゃないですかっ!(笑)
Posted by miduno at 2010年01月23日 01:46
私が高3の頃には地区大会も危ういレベルでしたから。。
さすが全国常連の輩は鍛え方が違う、と驚いたものです。

そうそう、そのCDです。
私の入学する1年前なので私は歌ってませんが、
昨年末に35周年でOB合同演奏で「ティオ」の再演をした際に
その時のエピソードをいろいろ聞きました。

音の専門家でいらっしゃるmidunoさんには
ご満足いただけないかと思いますが、、
方舟に関してはこれよりいい演奏はないと思っています。
ハインリヒ・シュッツ(絶版)の方が和音や発声は美しいです。。

結婚写真…早く消してほしいものです。。恥ずかしっ!
Posted by saturi at 2010年01月23日 10:00
>saturiさん

>私が高3の頃には地区大会も危ういレベルでしたから。。

はい。その後一度も地区大会を通過できなかった者です(汗)
今更ながら申し訳ない次第です。

>音の専門家でいらっしゃるmidunoさんにはご満足いただけないかと思いますが、、

いえいえ滅相もないことでございます。
程よくまとまった演奏よりもちょっと変(?)くらいの演奏が魅力的な時って往々にしてありますからね。
ぜひ聴かせて頂こうと思います。

>結婚写真…早く消してほしいものです。。恥ずかしっ!

あはは・・いやいやとても幸せそうな良い写真だと思いますよ(笑)
Posted by miduno at 2010年01月26日 02:51
高嶋先生は、関西合唱コンクールでよくスタッフをされているのを目撃しております。
私も先生の指導を受けたことがありますが、ちょっと優しかったです。
やはり女子だからでしょうか(笑)

昔、淀工グリーの練習を見学させて頂きました。
凄まじく熱気のこもった練習だったと記憶しています。
Posted by なす at 2010年02月06日 02:13
>なすさん

やはり高嶋先生も他校の生徒にはちょっと遠慮してしまうんでしょうか?
私の時もこれほどまでは怒鳴ってはいなかった気がします。

数ある合唱団の中でも日本語が綺麗に聞こえる団は格別に魅力的だと思っています。
言葉を大事にするか響きを大事にするかは難しいバランスですけどね。
Posted by miduno at 2010年02月06日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。