2008年08月04日

タンゴ+マイナーキー=ヒットの予感?

法則を考えるのが好きだ。

最近うちの嫁さんが授乳中に「おっぱいがいっぱい」という曲を歌ったりする。
確か「ひらけポンキッキ」か何かで流れていた曲だと思うが、僕も何となく覚えているのでつられて歌ったりすることもある。
この曲はタンゴのリズムで作られていてマイナーキー(短調)である。
おそらく大ヒットはしていなかった気がするが、一度聴いたら脳内リピートしてしまうこと必至であろう。

さて「タンゴ+マイナー」というと有名なところでは「黒猫のタンゴ」や「だんご三兄弟」もそうだ。たまに「おっぱいがいっぱい」を口ずさみながら「黒猫のタンゴ」にメドレーしてしまうほどの親和性だ。
それはともかくとしてマイナーキーの曲を好みやすい日本人の特質が現れているのではないかと思う。

いや。マイナーキーという言い方自体が間違っているのかも知れないぞ?
「ねんねんころりよ〜」という子守唄、僕は都節音階(陰旋法)の方がしっくりくるし童唄とかはほとんど都節音階じゃないのか??
・・・何だかとても学術的な話になってきそうなので今日はここまで。
posted by miduno at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近頭から離れないポニョの歌はタンゴですか?
脳内リピートが止まりません。
Posted by nasu at 2008年08月05日 00:28
私はマイナーKeyで疾走感のある曲が好きです。
Tangoも120を超えるようなハイスピードな曲が好きです。
踊るには向いてませんが。
Posted by ArigA at 2008年08月07日 15:15
>nasuさん

ポニョの唄はメジャーキーのマーチ(?)ですかね。
あれは確かに脳内リピートしますね。

>ArigAさん

僕もどちらかというと踊れない感じの曲の方が好きですね。
子供が好きそうなのは踊れる感じの方なんですけどね。
Posted by miduno at 2008年08月08日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104187120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。