2010年03月23日

末代の恥?

選抜高校野球 試合を全く見ていなかったのですが、21世紀出場枠で出場した向陽に1−2で敗れた開星の監督が「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言した事が問題になっている(?)ようなのですが、この発言てそんなに問題なのですかね?

毎日の記事によりますと
センバツ:開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言

開星(島根)の野々村直通(なおみち)監督(58)が、試合後のインタビューで「21世紀枠に負けて末代の恥です」などと発言した。日本高校野球連盟は「事実確認をしたい」としており、発言の趣旨などを確かめる。
 野々村監督は「恥ずかしくて立ち上がれません」とも述べた。


一方産経は
【センバツ】開星監督「負けたこと恥ずかしい」「腹を切りたい」

開星(島根)の野々村直通監督(58)が試合後、「負けたことが恥ずかしい。許されないことだ」「腹を切りたい」などと発言した。

 試合は九回、1点差まで追い上げたものの、開星は1−2で敗れた。お立ち台に上った野々村監督はしばらく沈黙の後、「もう野球やめたいし、死にたいですね。こんな恥をかくことは二度としたくない。腹切りたい」などと言った。

 また、地元テレビ局の取材に対しても「野球の話はもう、したくない」などと話した、という。


・・何か毎日の記事と産経の記事では受ける印象が全く違うんですが?
毎日は監督が対戦相手をバカにしているような書き方ですが、産経は監督が責任を感じすぎて取り乱しているように感じられます。
同じ事象を報道するにしても書き方次第でこんなに印象が変わる訳です。この場合どっちの記事が中立的なのかは分かりませんが、わざとミスリーディングを誘うような記事を書いているのだとしたらそれは如何なものかとは思います。
posted by miduno at 01:49| Comment(2) | ニュースネタ | 更新情報をチェックする