2010年03月11日

Mac音ココに「さびしいカシの木」を歌わせてみた。

引きこもりの人の持っているエネルギーって実は凄いと思っているニート経験者、midunoです。こんばんは。

さて、以前からボーカロイドというものにほんの少し興味がありました。Auto-Tuneではない方法で「無機質なコーラス」を作るのに使えるのでは?と思っていたからです。
で、いざ入手・・と思ってはみたのですが、どうやらMac版のボーカロイドはそんなに種類が無いらしく、「Mac音(まくね)ナナシリーズ」くらいしか見つからなかったので、あんまり萌々してなさそうな(イメージだった)お姉さん版(?)「Mac音ココ」を使ってみました。

私がイメージしていたボーカロイドの使い方は「MIDIのチャンネルに音色を当てはめる」というものでしたが蓋を開けてみてビックリ。
何と中身は五十音サンプルのオーディオデータ、しかも音程「ソ」だけというもの。

え?・・・ピッチシフトして貼り付けろって事ですか??

一音一音貼っていく作業は気が遠くなるようでした。当初の予定では1コーラスだけ作ったら止めようと思っていました。
しかし作っているうちに中途半端にやめるのが忍びなくなってしまい、結局丸々作ってしまいました。途中で何度くじけそうになった事か知れません。


↑無駄に努力した結果

自分でアレンジしたアカペラ曲を歌わせてみたのがそもそもの失敗の原因です。メインのパートを作るのでさえ時間が掛かるに「字ハモ」なんてあなた、最大4パートもあるのですから。コピペ出来ると思ったら2番も3番も歌詞が違うし!
これなら誰かに仮歌歌ってもらって全編でピッチ直していった方が断然早い!こういう作業は性に合わない!
posted by miduno at 02:35| Comment(2) | 音楽 | 更新情報をチェックする