2010年03月06日

「ボーカルが聞こえない」理由を考えてみる。

またGoogleで検索していたらこんなキーワードが出てきました。

google_vo_off.png

ボーカルが聞こえない

「CDから曲を取り込んだはずなのにiPodだと歌が入ってないよ??」っていう話でしょうか?
多分ポータブルプレイヤーでイヤフォンを使って聴こうとした時の話だと思いますが、そんな風に「カラオケ」になってしまった方。
あなたのイヤフォン、プラグが半差し状態になっていませんか?

「カラオケ」になってしまう理由をご説明しましょう。
一般的なステレオイヤフォンのプラグは三極に分かれています。

※左側が「ジャック」、右側が「プラグ」です。

ステレオプラグには先端から「チップ(Tip)」、「リング(Ring)」、「スリーブ(Sleeve)」という名前がついています。

電気的には「チップに左チャンネルの+」、「リングに右チャンネルの+」、「スリーブには両チャンネルの−」の電流が流れるようになっています。
ですのでこれを半差しにしますと「チップに+」、「リングに−」みたいな電流が流れてしまいます。
そうすると右チャンネルと左チャンネルで電流(つまり音の信号)が打ち消し合うのです。が、完全には打ち消し合いません
ステレオ録音されている曲の場合左チャンネルと右チャンネルでは別の音が鳴っていますから、打ち消し合うのは「センターに定位しているもの(モノラル成分)」だけです。

(左)+ → 0 ← −(右)
※真ん中だけ打ち消される

多くの音楽はボーカルがセンターに定位していますから打ち消されて「カラオケ」っぽく聞こえる結果となります(正確にはベースやキックドラム等も一緒に打ち消されている場合が多いです)。
この現象を積極的に使えばiPodでカラオケの練習も出来なくはない(?)んですが、あくまでイレギュラーな使い方ですから機器の故障には十分ご注意ください。

・・・という話で多分合ってると思うけど間違っていたらご指摘ください。
posted by miduno at 20:13| Comment(6) | オーディオ | 更新情報をチェックする