2010年01月19日

アクセントで分かる出身地

その昔ラジオ局にいた頃、事務所のコンロでおでんを作って食べたらその匂いがスタジオ内に籠り、翌朝出社した女性パーソナリティに「何かマイクがイカ臭い」と言わしめた経験があるmidunoです。こんばんは。

さてそんな私ですが一応放送業界に入社しますと「アクセント辞典」なるものを渡されまして一応共通語(標準語)アクセントを教えられた訳です。普段普通だと思って使っていた言葉が訛っていた、と知ったときは結構ショックでしたね。
北海道出身の人の「椅子(ス)」とか
長野出身の人の「姉(ネ)」とか
兵庫出身の人の「一旦(イッタン)」とか
人が訛ってるのはよく気がつくんですけどね・・。
ちなみに私は岐阜県出身なのですが地元では以下のようなアクセントで発音されます。

2010年(センジュウネン)
二月(ガツ)
四月(ガツ)
レー
ップ
熊(マ)
坂(カ)
靴(ツ)
後ろ(シロ)

共通語では以下のようになります。

2010年(ニジュウネン)
二月(ニガツ
四月(シガツ
レー
コッ
熊(ク
坂(サ
靴(ク
後ろ(ウシロ

頭では分かっていますがとっさにどっちがどっちか分からなくなることもしばしば。ガツ、ガツのアクセントは関西方面の方に多いような気がしますが最近ではNHKのニュースでさえガツ、ガツのアクセントで話される事がありちょっと気にはなっています。

あとちょっと話が変わりますが気になるのが地元でよく使われる「○○してみえる方(かた)」という言い回し。
これは「○○していらっしゃる方」という尊敬的表現なのですがその他の地方では「○○して見える方」という受け取られ方をするので注意が必要です(・・・と地元の人に注意を促してみる)。

続きを読む
posted by miduno at 00:42| Comment(8) | 言葉 | 更新情報をチェックする